ホーム| コンタクト| 管理者情報

アンドレ・ブリュゲット

リュート奏者ならびに音楽学者

アンドレ・ブリュゲットは、スペイン人とドイツ人を両親としてサンクト・ペテルブルクで生まれ、ドレスデンで育ちました。

ワイマールとライプチヒで、リュート、ギター、対位法、そして音楽学を研究しました。1989年から1997年にかけて、フランスのコルマール近郊にある Parc de Schoppenwihr においてリュート研究機関「アカデミー・ヴァイス」の代表を務めました。

アンドレ・ブリュゲットは主にソリストとして活躍し、この分野では著名な演奏家の一人です。 1991年には、バーゼルで RegioMusikpreis の栄誉を受け、1995年にはオックスフォードで欧州文化功労賞を受賞しました。

20才の頃から、彼はリュート楽器の演奏、その歴史の研究、そしてレパートリーの調査に専念していました。18世紀のオリジナルリュートに関わった長年の実際的な経験から、彼は、それらの楽器の長所と限界を確信するに至りました。

19世紀そして20世紀の音楽流派の創造的欲求に対して、これらの楽器が果たせる限界は、ますますをもって明らかになっていきました。リュートを見限るか、あるいはリュートの性能を向上させられるかという選択に迫られた彼は、後者を取ることにしまたのです。このようにして彼はリウトフォルテの開発を始め、プロジェクトを支えるリーダーとして、その原動力であり続けます。