ホーム| コンタクト| 管理者情報

ギュンター・マーク博士

リュートおよびビオル製作者

クルンメナープに生まれ、エアランゲンで数学を学び、1982年にギーセンで博士号を授与されました。最初は副業の形で、1978年以来、歴史的楽器の製作、修復そして科学的記録の作成に携わってきました。ロバート・ランドバーグ(米国オレゴン州ポートランド)から、リュート製作の基本を学びました。1984年以来、ギュンター・マークは、エアランゲン、ユトレヒトおよびエルザにおいて、リュートならびにビオルの製作をしています。2005年には西ザクセン・カレッジ・ツヴィッカウ(Westsaechsischen Hochschule Zwickau)の歴史的楽器製作名誉教授に任命されました。

ギュンター・マークは、歴史的楽器製作における最も著名な専門家の一人として、国際的な名声を博しています。彼のリュート、テオルボ、そしてビオルは、ピリオドパフォーマンスの分野において、世界中で演奏されています。

これらの経験を経て、完全に新しい音の可能性を広げるリウトフォルテの開発、製作という特別な課題に、彼は挑戦することになったのです。